インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

インタビュー

居心地の良さを感じていただける、笑顔の絶えない温かみのある歯科医院です。

お口を清潔に保つためには、セルフケアだけでなく、歯科医院でのクリーニングや定期検診のご利用がおすすめです。しかし、歯科医院に良い印象をお持ちの方は多くありません。 当院は、そのような方々の不安にしっかりと向き合い、気持ちよく治療を受けていただけるように努めています。 当院は、痛みを与える歯科医院ではなく、未来の痛みを取り除く歯科医院です。「痛い」「怖い」というイメージをお持ちの方こそ、一度ご来院ください。

患者さまをお待たせすることなくご案内するために取り組んでいること、工夫していることはありますか?

1回の診療時間を30分と長めにお取りして、余裕を持って診療しています。一人ひとりに時間をかけられるため、より丁寧な治療ができますし、急患の場合にも、予約と予約の間で時間を作ることができます。 時間を有効活用できているので、患者さまをほとんどお待たせすることなく、スムーズな診療が行えています。

自由診療はどのような時におすすめしていますか?

保険診療を中心に治療計画を立てていきますが、見た目を気にされる方、銀色の被せ物・詰め物に抵抗があるという方には、自由診療のご案内もしています。また、噛む力が強いと感じた方にご案内しています。保険のものよりも、自由診療の被せ物や詰め物の素材には強度があるので、割れるリスクを回避できるからです。 ただし、基本的には保険診療でお話を進めますし、こちらから自由診療を強要することはありません。興味のある方はお気軽にご相談ください。

自慢の設備とその理由を教えてください。

お口の中の状態をリアルタイムで確認できる口腔内カメラは重宝しています。コードレスのペンタイプを使用しており、患者さまにもお口の中の状態を実際に見ていただいています。 このように、患者さまがご自身のお口の状態を把握することはとても大切なことです。お口の中の問題点を自覚することができ、治療内容への理解が深まるためです。一緒に改善するという共通意識も持てるため、口腔内カメラを使用することで、治療がスムーズに進行しやすい傾向があります。

開業する際に、どのような歯科医院にしたいと思っていましたか?

温かみがあり、患者さまに居心地の良い空間だと思っていただけるような歯科医院です。クリニック名を考える際もその想いが伝わるようにと「うららか」という言葉を使用しました。また、歯科医院に対して「怖い」「痛い」という印象をお持ちの方が多くいらっしゃいますので、そのような印象を払拭できるよう、優しい笑顔で対応することを心がけています。 今後も、患者さまと信頼関係を築き、患者さまが自然と笑顔になれるような場所にしていきたいと思っています。

ホームケアをより良いものにするためには、どのような歯ブラシがおすすめですか?

なるべくコンパクトで、お口の中で邪魔にならないような歯ブラシがおすすめです。ヘッド部分が大きすぎてしまうと、細かいところまでしっかりと磨くことができず、汚れが残りやすいからです。きれいに汚れを落とすためにも、コンパクトなもので隅々まで磨いていただきたいと思います。 また、歯茎の状態にもよりますが、毛先が硬いものや柔らかいものですと、歯茎を傷つけてしまったり、汚れをきちんと落とせなかったりします。そのため、毛先の硬さは「普通」のものをおすすめしています。